Tillanaのインド古典舞踊レッスン

Place

高野山東京別院(港区)

Timetable

11:00-13:00 Odissi経験者クラス     13:00-14:00 Bharatanatyam初心者クラス 14:00-15:30 Bharatanatyam経験者クラス

date

1月7.14.28  2月4.11.18.25

10Th Anniversary Stage Review

私たちの師・小澤陽子が他界してから、そして、ティラナとして活動をはじめてから10年。ティラナの新旧メンバー9名とゲスト(オリッシー・ダンサー毛塚七重さん)によるバラタナティヤムとオディッシーの記念公演を開催いたしました。ティラナの公演には珍しい、真冬の開催となりましたが、沢山のお客様にご来場いただきました。

公演の詳細は、公演案内ページをご覧下さい。

 

<公演を終えて>

無事に10周年記念公演を終えることができました。ひとえに多くの方々のお力添えと応援があったからだと感謝しております。

「ティラナの踊りって何だろう?」・・・それをすごく考えさせられる公演でもありました。これまでは、先生の踊り、先生が目指した踊りをどう踊り、お客様に観ていただくかということだけを考えて走ってきたように思います。しかし、メンバーの半分以上はもはや小澤先生に直接指導を受けたわけではありません。そう、今では、「彼女たちの身体を通じて」それをどうお客様に伝えていくか、観ていただくか、という段階に来ていたからです。

どこまでできたか分かりませんが、ある常連のお客様から以下のようなメッセージをいただきました。

「プログラムを読み返してありありと蘇って来るのは、皆さんのエネルギーいっぱいの動きと笑顔。そう、ティラナの皆さんは、小澤先生の教えも絶対あるんだろうけど、小さくまとまった動きをしないで、全部の動きが思いきり大きくてダイナミック。技術的にまだまだの動きだろうが何だろうが、とにかく精一杯の動き。大きい。それがさらにエネルギーを感じさせる。見ていて気持ち良い。それがティラナの踊りの最大にして最高な特徴です、私にとって。」

メンバー一丸となってこのように感じていただける踊りができていたのであれば、先生に嬉しい報告ができますかね。やっと安心してもらえたような気もします。

私たちは先生ではないので「教える」ということはせず、「伝える」という形をとっています。今回ホールでの舞台が初めてというメンバーが多かったのですが、実際に舞台に立ってみて「伝わった」ことも多いようです。メンバーの感想をちょっと紹介します。

「お客様に喜んいただける素敵さを感じ、それが、喜びに繋がるのだ、、と実感した初公演となりました。。」

「踊りの出来以上に、人を惹きつけるのは、笑顔だという事を実感しました。それも作った笑顔ではなく、心からの喜びの笑顔。ティラナの名にふさわしい笑顔。」

次の10年も地道にコツコツと練習を積み重ねて、また多くの方に喜んでいただけるようなティラナ溢れる踊りを目指していきたいです。今後ともインド古典舞踊ティラナを宜しくお願い申しあげます!!

sayaa